月の錯視

月の錯視とは

地平線に近い月が、より高く昇った月より大きく見える錯視のこと。

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

 感覚・知覚に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 明るい場所から暗い場所に移動すると、目が慣れるのに時間がかかる。これを明順応という。

2 中空にある月より地平線に近い月の方が大きく見える。これは錯視による。◯

3 コップの飲み口を斜め上から見ても丸く見える。これを大きさの恒常性という。

4 電光掲示板の文字が動いているように見える。これは近接の要因による。

5 風景を眺めていると奥行きを感じる。これは知覚的体制化による。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください