ケース・フォーミュレーション

ケース・フォーミュレーションとは

formulationとは定式化の意味。

クライエントに起こっている問題に対して、セラピストとクライエントが協働して、解決に向けたプランニング(個々のケースを定式化)すること。ケースをアセスメントし、治療計画を立てておくことによって、そのケースが今、どのような段階にあるのか、この治療方針で間違っていないのかを見直し調整することができる。認知行動療法の実践で用いられる。

  1. 問題の明確化
  2. 仮説の探索
  3. フォーミュレーション

という流れで行われる。

事例定式化(ケース・フォーミュレーョン)とは,クライエントの意識的・無意識的な問題や不適応(感)を心理面・現実的な生活面からとらえ、それらの背景にある要因を整理して介入へとつなげる複合的評価、いわゆる「見立て」のことをいう。

現任者講習会テキスト

スポンサードリンク

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください