DSM5における発達障害

DSM5における発達障害

DSM-5では、DSM-Ⅳで『通常、幼児期・小児期または青年期に初めて診断される障害(Disorders Usually First Diagnosed in Infancy, Childhood or Adolescence)』の大カテゴリーにまとめられていた各種の精神障害・発達障害が、『神経発達障害(Neurodevelopmental Disorders)』という大カテゴリーに分類され直している。

第4回公認心理師試験に出題

問13 DSM-5の神経発達症群/神経発達障害群に分類される障害として、正しいものを1つ選べ。

  1. 素行症/素行障害
  2. 脱抑制型対人交流障害
  3. 神経性やせ症/神経性無食欲症
  4. 解離性同一症/解離性同一性障害
  5. 発達性協調運動症/発達性協調運動障害
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください