摂食障害

拒食症と過食症の総称だが、両者は表裏一体の症状。非常に治療が難しい。

拒食症(神経性やせ症)の診断基準

A.低体重

B.肥満恐怖/やせ願望

C.ボディ・イメージの障害

D.無月経   3回以上(DSM-Vでは省く)

★制限型・・・食べないだけ

★むちゃ食い/排出型・・・過食・嘔吐あり

過食症(神経性過食症)の診断基準

A.過食あり

短時間に大量に摂食
コントロール困難

B.体重増加を防ぐための代償行為あり

嘔吐、下痢・浣腸・利尿剤の乱用、
過剰な運動

C.過食・代償行為の頻度が週2回以上

D.やせ願望

★排出型・・・嘔吐・下剤乱用あり

★非排出型・・・嘔吐・下剤乱用なし

摂食障害の主な治療方法

  • 家族療法
  • 認知行動療法
  • 対人関係療法
  • ガイデッドセルフヘルプ(症状モニタリング)
  • 栄養療法
  • 身体管理、食事管理

などがあげられる。

第3回公認心理師試験に出題

問69 16歳の女子A。高校1年生。Aは食欲不振、るい痩のため1週間前から入院中である。高校に入学し、陸上部に入部した後から食事摂取量を減らすようになった。さらに、毎朝6時から走り込みを始めたところ、4か月前から月経がなくなり、1か月前から倦怠感を強く自覚するようになった。入院後も食事摂取量は少なく、「太ると良い記録が出せない」と食事を摂ることへの不安を訴える。中学校までは適応上の問題は特になく、学業成績も良好であった。自己誘発性嘔吐や下痢の乱用はない。身長は159cm、体重は30kg、BMIは11.9である。公認心理師のAへの支援として、不適切なものを1つ選べ。

  1. 食事へのこだわりを外在化する。
  2. Aの家族に治療への参加を促す。
  3. 部活動への葛藤について傾聴する。
  4. 栄養士の助言を得て食事日記を付けることを勧める。
  5. 点滴を受けて、栄養状態を速やかに改善するよう勧める。
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください