何に洗脳されるのかを決める。その準備が教育である。

スポンサードリンク

洗脳と聞いたら、聞こえが悪いかも知れませんが、そのままです。

「何に洗脳されるのかを決める。その準備が教育である(べき)」

そもそも、あらゆるものに洗脳されているのが人間です。

自分の基準で決めているようで、誰かに、何かに影響を受けている。

そのことにすら気づいていない。もちろん自分も含めて。

自分が大学生の時。就職活動で、とても気に入った企業があり最終選考まで行きました。

最終選考が終わった後に、人事の人から連絡があり、

「社長が一対一で会いたいと言っている」と伝えられたため

迷うことなく、会いに行きました。

そこで、自分が言われた言葉は

「お前は傷ついている」

という言葉でした。その一言をきっかけに、自分は就職活動をやめ

心理の道に行こうと決めました。

何も、社長の言葉に、怒ったわけでもなく、傷ついたわけでもありません。

自分がこの人について行っていいのかもわからないくらい、ちっぽけな存在だということに

気がついたからです。何も判断ができない。判断基準など、何も持ち合わせてないのだなと。

その時点の自分は、その社長がそう言うなら、そうだろうと。

2000人の従業員、そしてその家族を養っている社長がそう思うなら、そうだろうと。

判断基準は、自分になく、他者に委ねるしかなかった自分が

とてもちっぽけで、恐ろしくなったのでしょう。

 

コロナのニュースが連日流れています。

もうほとんどの県で、外出自粛が解かれています。

街には、多くの人が出歩いています。

けれど、みんなマスクをしています。

テレビを通して、みんな外出を自粛し、そしてマスクをつけ続ける。

すごいことだと思いました。

もちろん、会社や学校など、自分の属している組織にも言われているでしょう。

「外出を控えなさい」
「マスクをつけなさい」

そして、街を歩けば日に日に人が減り、マスクをつけていない人が少数派になっていく。

「あ、自分もちゃんと自粛して、マスクをしなきゃ」

そして、家でテレビを見て、コロナの恐ろしさを再認識する。

 

本当に恐ろしい世の中だと思います。

続く・・・

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください