平成30年度公認心理師国家試験「問2」

スポンサードリンク

問2 児童虐待について、緊急一時保護を最も検討すべき事例を一つ選べ。

  1. 重大な結果の可能性があり、繰り返す可能性がある。
  2. 子どもは保護を求めていないが、すでに重大な結果がある。
  3. 重大な結果は出ていないが、子どもに明確な影響が出ている。
  4. 子どもは保護を求めていないが、保護者が虐待を行うリスクがある。
  5. 子どもが保護を求めているが、子どもが訴える状況が差し迫ってはいない。
解答

児童虐待の防止等に関する法律第6条(児童虐待に係る通告)
児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。

「重大な結果」が出ていることは、通告義務の対象となる。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください