社会的交換理論

社会的交換理論

人は、モノやサービス等様々なモノ・コトの交換によって人間関係を形成・発展していくとする理論のこと。

相互依存性理論

対人関係を「報酬ーコスト」の交換と考える理論である。払ったコストより報酬が下回るか上回るかを個人の比較水準によって判断する。基準を上回れば満足が得られ、関係を継続する。

第5回公認心理師試験に出題

コストに対する報酬の比が個人の期待である比較水準を上回る場合に当事者はその関係に満足し、一方、別の他者との関係におけるコストと報酬の比である選択比較水準が比較水準を上回る場合には、その関係に移行すると考える理論に該当するものを1つ選べ。

  1. バランス理論
  2. 社会的浸透理論
  3. 社会的比較理論
  4. 相互依存性理論
  5. 認知的不協和理論
解答

第4回公認心理師試験に出題

親密な対人関係の説明原理として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 社会的絆理論
  2. 社会的学習理論
  3. 社会的交換理論
  4. 社会的比較理論
  5. 社会的アイデンティティ理論
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください