Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia〈BPSD〉

Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia〈BPSD〉とは

認知症 の症状は「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の2つに分けることができる。

中核症状とは、直接的に起こる記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能障害、言語障害(失語)、失行・失認などの認知機能の障害。
一方、中核症状によって引き起こされる二次的な症状をBPSDという。

周囲の不適切なケアや身体の不調や不快、ストレスや不安などの心理状態が原因となって現れる。

  • 興奮・怒りっぽくなる
  • 妄想
  • 意欲減退
  • 暴言や暴力

第5回公認心理師試験に出題

認知症の行動・心理症状[behavioral and psychological symptoms of dementia〈BPSD〉]について、最も適切なものを 1 つ選べ。

  1. 生活環境による影響は受けない。
  2. 前頭側頭型認知症では、初期からみられる。
  3. 治療では、非薬物療法よりも薬物療法を優先する。
  4. Alzheimer 型認知症では、幻視が頻繁にみられる。
  5. 単一の妄想として最も頻度が高いのは、見捨てられ妄想である。
解答

第1回公認心理師試験(追加試験)に出題

認知症の症状を中核症状とBehavioral and Psychological Symptoms of Dementia〈BPSD〉とに分けた場合、中核症状に分類される内容として、正しいものを1つ選べ。

  1. 失禁
  2. 失行
  3. 徘徊
  4. 妄想
  5. 抑うつ
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください