SOC理論

スポンサードリンク

SOC(Selective Optimization with Compensation)理論とは

米国の心理学者であるポール・バルテスにより提唱された。日本語では、補償を伴う選択的最適化。バルテスは、この理論を高名なピアニストで、89歳まで現役で活躍したアルトゥール・ルービンシュタインを例に、説明した。

補償

身体機能が低下すると、早く楽曲を弾くことが困難になる。そこで、あえて全体的に遅く弾き、早いパートを早く弾くことで、身体機能の低下をカバーし、聴衆にも、早く弾いているように感じさせることができた。

選択

コンサートでの演奏曲を絞り込み、曲目を減らすことで、体力面等の負担を軽減させた。

最適化

選択による演奏曲の絞り込みにより、一曲の練習時間を増やすことができ、一曲の完成度を高めることにつながった。

第1回公認心理師試験に出題

高齢期の心理学的適応について、正しいものを2つ選べ。

  1. ソーシャルコンボイを維持又は補償できるかということは適応を左右する要因の1つである。○
  2. 退職後は以前の高い活動性や社会的関係から、いかに速やかに離脱できるかによって左右される。
  3. 能力低下への補償として、活動領域を選択的に限定し、従来とは異なる代替方略を用いることが有効である。◯
  4. 未来志向的に自身のこれからを熟考させることは、自身の過去への関心を促し回想させるよりも有効とされている。
  5. 適応が不安定になる1つの要因として、高齢期になると流動性知能に比べて結晶星知能が著しく低下することが挙げられる。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください