信頼性

スポンサードリンク

信頼性

信頼性とは、同じ条件の下で同じ検査を受けたとすれば、同じような結果が出るということ。安定性と一貫性が重要とされる。

再テスト法(同じテストを期間をあけて数回行う)や折半法(テストを2つに分割し、その間の相関をみる)や内部一貫法、平行テスト法(同一人物に違うテストを同時に行う)などの方法で、安定性と一貫性の信頼性を高めていく。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください