ジャムの法則

ジャムの法則とは

シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)による実験によって示された法則。

以下はTEDでのシーナ・アイエンガーのTED動画。

人は選択肢が多いことほど幸せと思っているが、それは勘違いであり、選択肢が多いと少ないときよりも判断を下しづらくなり不幸せになるということ。

実験では、6種類のジャムと24種類のジャムを用意した場合、購買割合は、6種類揃えたテーブルの場合は30%、24種類のテーブルでは3%と非常に大きな差が開いた。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください