科学的管理法

科学的管理法とは

労働者管理の方法論。個人の経験などの主観的なものではなく、客観的・科学的にマネジメントを捉える。
フレデリック・テイラーが提唱したため、テイラー・システムと呼ばれる。

テイラーの主張した科学的管理法の原理は、以下の3つが中心。

  • 課業管理(タスク・ノルマ管理。時間や作業を研究し、1日の達成目標を決める)
  • 作業の標準化(作業をマニュアル化)
  • 作業管理のために最適な組織形態(計画と実行の分離)

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください