実験法

実験法とは

変数間の因果関係を明確にするために、独立変数(原因となる要因)を操作し、従属変数(結果)の変化を分析する方法。

「実験群」(独立変数の操作有り)と「統制群」(独立変数の操作無し)に振り分け、

実験を行い、それぞれの反応を測定する。両群を比較検討することにより、独立変数の効果について検証する。

重要キーワード

  • 実験室実験
  • フィールド実験
  • 被験者内要因
  • 被験者間要因

スポンサードリンク

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください