いじめの4層構造

いじめの定義

自分より弱い者に対して一方的に、身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

↓  平成18年に改訂

当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

いじめの頻度や内容の重さではなく、当該児童生徒が、

どう受け止めているかということが大事であるという認識が強まった。

いじめの4層構造

森田洋司が1986年に提唱。

いじめは、いじめられっこを中心とし、いじめる子、観衆(囃し立てる子)、傍観者の4層で構成され、いじめの持続や拡大には、いじめる子といじめられる子以外の「観衆」や「傍観者」の立場にいる子どもが大きく影響している。「観衆」はいじめを積極的に是認し、「傍観者」はいじめを暗黙的に支持しいじめを促進する役割を担っている。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください