特殊な虐待

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)

赤ちゃんをあやしているつもりで、その子どもに大きな障害を負わしてしまう。激しく揺さぶることにより、頭蓋内に出血を起こす病気の総称。

代理ミュンヒハウゼン症候群(MSBP:Münchausen syndrome by proxy)

周囲の関心を自分に引き寄せるために、自分自身のケガや病気を捏造する「ミュンヒハウゼン症候群」。「代理」がつくと、傷つける対象が自分ではなく、自分の子どもに代理して、病気やケガ人に仕立てるというもの。

医療ネグレクト

子どもに適切な医療を受けさせないこと。

第3回公認心理師試験に出題

問64 1歳半の男児A。母親BがAの高熱とけいれん発作を訴えて、病院に来院し、Aは入院することとなった。これまでに複数の病院に来院したが、原因不明とのことであった。Bは治療に協力的で献身的に付き添っていたが、通常の治療をしてもAは回復しなかった。Bは片時もAから離れずに付き添っていたが、点滴管が外れたり汚染されたりといった不測の事態も生じた。ある日突然、Aは重症感染症を起こし重篤な状態に陥った。血液検査の結果、大腸菌など複数の病原菌が発見された。不審に思った主治医がBの付き添いを一時的に制限すると、Aの状態は速やかに回復した。Aの状態と関連するものとして、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 医療ネグレクト
  2. 乳児突然死症候群
  3. 乳幼児揺さぶられ症候群
  4. 反応性アタッチメント障害
  5. 代理によるミュンヒハウゼン症候群
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください