「不登校の原因探し」探すところを間違えてはいけません

スクールカウンセリングで、最も多い相談の一つが不登校です。

自分の子どもが不登校になると

まずは、保護者は原因探しをします。

「何か、学校で嫌なことあった?」

「誰かにいじめられたの?」

「何で、学校に行きたくないの?」

 

原因探しはとても重要です。

何が原因かを探っていかなければ、子どもの中で何が起こっているかわからず

対策も考えることができません。

(しかし、原因に囚われ過ぎても解決に至らないのが難しいところです)

 

問題は、どこに焦点を当てるかです。

「そこじゃないよ!!」

と言いたくなるくらい、

見当違いのところを探しているのです。

それには様々な理由があります。

 

続きは、後ほど・・・

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください