BACS(統合失調症認知機能簡易評価尺度)

スポンサードリンク

BACSとは

BASCは、The Brief Assessment of Cognition in Schizophreniaの略。日本語では、統合失調症認知機能簡易評価尺度。日本語版が出ている。最近、統合失調症患者の認知機能を、簡便に評価する尺度として作成された。所要時間は30分程度。

検査項目

認知機能領域 テスト
言語性記憶 言語性記憶課題
ワーキングメモリ 数字順列課題
運動機能 トークン運動課題
言語流暢性 意味(カテゴリー)流暢性課題・文字流暢性課題
注意・情報処理速度 符号課題
遂行機能 ロンドン塔検査

第1回公認心理師試験に出題

26歳の男性A、会社員。Aは仕事上のストレスが原因で心理相談室に来室した。子どもの頃から忘れ物が多く、頑固だと叱られることが多かった。学業の問題は特になかった。友人はほとんどいなかったが、独りの方が楽だと思っていた。就職した当初はシステムエンジニアとして働いており、大きな問題はなかった。しかし、今年に入って営業部に異動してからミスが増え、上司から叱責されることが多くなった。Aは「皆がもう少しゆっくりやってくれたら」と職場への不満を口にするが、「減給されるので仕事は休む気はない」と言う。

Aに実施するテストバッテリーに含めるものとして、最も適切なものを1つ選べ。

  1. BACS
  2. MMSE
  3. STAI
  4. WAIS-Ⅲ
  5. 田中ビネー知能検査

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください