適正処遇交互作用

スポンサードリンク[ad#ad-1]

適正処遇交互作用とは

ATI(Aptitude Treatment Interaction)ともいう。Cronbach,L.J.(クロンバック)が提唱。学習者の「適性」と「処遇(指導法)」には交互作用があり、両者の組み合わせによって学習効果が異なるというもの。

適性:学力や既有知識、性格、態度、興味・感心、学習スタイルなど
処遇:指導の手法、課題、かかわり方、カリキュラム、学習環境など

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください