平成30年度公認心理師国家試験「問37」

スポンサードリンク

問37 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章について、誤っているものを1つ選べ。

  1. 働く人々の健康が保持され、家族・友人との時間、社会参加のための時間を持てる社会を目指す。
  2. 能力や成果に応じて報酬が配分されることによって、就労による経済的自立が可能な社会を目指す。
  3. 仕事と生活の調和促進のための行動指針では数値目標を設定し、政策への反映を図ることとしている。
  4. 性や年齢にかかわらず、誰もが自らの意欲と能力を持って、多様な働き方・生き方が選択できる社会を目指す。
  5. 国民一人ひとりが仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、多様な生き方が選択・実現できる社会を目指す。
解答

ワーク・ライフ・バランス憲章で②のことは表記されていない。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください