平成30年度公認心理師国家試験「問36」

スポンサードリンク

問36 問題行動を起こした児童生徒への学校における指導として、不適切なものを1つ選べ。

  1. 問題行動の迅速な事実確認を行う。
  2. 問題行動の原因や背景を分析して指導計画を立てる。
  3. 保護者に問題行動について十分に説明し、理解を求める。
  4. 児童生徒のプライバシーを守るために、担任教師が一人で行う。
  5. 児童生徒自身がどうすればよいかを考え、実行し、継続できるように指導をする。
解答

生徒指導提要の「豊かな人間性の育成及び教育課程外における生徒指導」の項目で以下のことが書かれています。

教育課程外における生徒指導については、既に述べたように、児童生徒に直接働 きかける活動として、休み時間や放課後などにおいて個別に行われる随時の指導や教育相 談などのような生徒指導が挙げられます。特に現在、様々な心身の悩みや問題を抱えた児 童生徒が増加していることから、生徒指導の機能である教育相談的機能を十分活かすこと はますます重要視される必要があります。その際、学級担任・ホームルーム担任だけで抱 えることなく、学年団の先生方や養護教諭の協力、さらには関係機関の専門家との連携協 力の下、チームで取り組むことが求められます。

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください