平成30年度公認心理師国家試験「問16」

スポンサードリンク

問16 バウムテストについて、正しいものを1つ選べ。

  1. K.Kochが精神疾患の診断を目的に開発した。
  2. 形状の年齢的変化では、二線幹のバウムは6歳までには減少する。
  3. 樹冠の輪郭の有無によって、心理的発達の成熟又は未成熟が把握できる。
  4. M.Grünwaldの空間象徴理論に基づいて解釈を行うことを基本とする。
  5. 対人関係や感情表出の特徴を示す指標として、枝の先端の処理に注目する。
解答

K.Kochが開発した心理検査。
形状の年齢的変化では、一線幹のバウムは6歳までには減少する。
樹冠の輪郭の有無によって、心理的発達の成熟又は未成熟を見るわけではない。
K.Kochの示した方法が基本。M.Grünwaldの空間象徴理論は、その中の一部。
対人関係や感情表出の特徴を示す指標として、枝の先端の処理に注目する。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください