平成30年度公認心理師国家試験「問153」

スポンサードリンク

問153 事例

28歳の女性A、会社員。Aは、3か月前に夜遅く一人で歩いていたところ、強制性交等罪(強姦)の被害に遭った。その後、気がつくと事件のことを考えており、いらいらしてささいなことで怒るようになった。仕事にも集中できずミスが目立つようになり、上司から心配されるまでになった。「自分はどうして事件に巻き込まれたのか。こんな私だから事件に遭ったのだろう。後ろから足音が聞こえてくると怖くなる。上司も私を襲ってくるかもしれない」と思うようになった。

Aに認められていない症状として、正しいものを1つ選べ。

  1. 侵入症状
  2. 回避症状
  3. 覚醒度と反応性の変化
  4. 認知と気分の陰性変化
解答

PTSDを参照。

侵入症状は、「気がつくと事件のことを考えており」という表記。

覚醒度と反応性の変化は、「いらいらしてささいなことで怒る」という表記。

認知と気分の陰性変化は、「こんな私だから事件に遭ったのだろう。後ろから足音が聞こえてくると怖くなる。上司も私を襲ってくるかもしれない」という表記。

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください