平成27年11月奄美市立中学校生徒の死亡事案調査報告書

スポンサードリンク

2018年12月9日付で、平成27年11月4日に起きた奄美市立中学校1年生の男子生徒の自死事案についての調査報告書が公表されました。

こちらがその報告書です。

「福井県池田中学校報告書から学ぶ 同じことを繰り返さないために」

でも書きましたが、

外部の教育関係者としては、こういった報告書から学び

同じことが起こらないようにしなければいけません。

自死は、結果が全てです。

 

児童・生徒であろうが、親であろうが教師であろうが

どのような思いで関わっていたかなど

その子が自死をしてしまうと

関係なくなってしまうのです。

 

「いじめていたつもりはなかった」

「からかいだった」

「指導のつもりだった」

「躾のつもりだった」

「きつくいったつもりはなかった」

などの言い訳は通用しないのです。

 

はっきり言って、似たようなことは

どの地域や学校でも起こっていることだと思います。

福井にしろ、奄美にしろ「自死に至るほどの例外な事案」ではありません。

 

当該学校や教師を批判するより、

自分の学校、自分の子ども、自分の児童・生徒を見ましょう。

スポンサードリンク

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください