第1回公認心理師試験(追加試験)過去問題81〜90

スポンサードリンク

問81  心理学研究における観察法について、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 生態学的妥当性が低い。
  2. 因果関係を見い出すのに適している。
  3. 観察者のバイアスが入り込みやすい。
  4. 目的に関連する言動だけを効率的に取り出し定量化できる。
  5. 現象をあるがまま見ることを基本とし、状況に手を加えない。
解答

問82  クロス集計表の連関の検定で利用される確率分布として、正しいものを1つ選べ。

  1. F分布
  2. t分布
  3. 2項分布
  4. 正規分布
  5. カイ2乗分布
解答

問83  自己効力感self-efficacyについて、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 効力感は能力の評価や目標の内容に影響しない。
  2. 高い効力感をもたらす効果的な方法は制御体験である。
  3. 結果期待と効力期待はそれぞれ独立に行動に影響を及ぼす。
  4. モデリングによる代理体験で効力感をもたらすことは困難である。
  5. 効力感が低い人ほど失敗したときに努力の不十分さに帰属することが 多い。
解答

問84  感情と認知の関係について、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 現在の気分は将来の出来事の予測には影響を与えない。
  2. 感情が喚起されるとそれに結びついた知識の活性化が抑制される。
  3. 自分の気分を能動的に制御する場合は、気分一致効果は生じない。
  4. 記銘時と想起時の気分が一致していると、記憶が再生されにくくなる。
  5. 認知心理学の実験における気分誘導法の1つとして、音楽が用いられる。
解答

問85  B. Latané と J. M. Darley の理論による緊急時の援助行動までの以下の1から5の意思決定過程の順序について、正しいものを1つ選べ。

1何か深刻な事態が生じているという認識
2自分に助ける責任があるという認識
3事態が危機的状況であるという認識
4どうやって助ければよいかを自分は知っているという認識
5援助しようという決断

  1. 1→2→3→4→5
  2. 1→2→4→3→5
  3. 1→3→2→4→5
  4. 1→3→4→2→5
  5. 1→4→2→3→5
解答

問86  家族システム論について、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 家族システムには上位システムと下位システムがある。
  2. 家族成員間の境界があいまいな家族を遊離家族という。
  3. G. Bateson の一般システム理論の影響を受けて発展してきている。
  4. 家族の中で問題行動や症状を抱える人を FP〈Family Patient〉という。
  5. 家族内で、1つの原因から1つの結果が導かれることを円環的因果律という。
解答

問87  聴覚障害について、正しいものを1つ選べ。

  1. 伝音難聴は内耳の疾患によって生じる。
  2. 日本手話には日本語に対応した文法と単語がある。
  3. 人工内耳植込術後、速やかに聴力の改善がみられる。
  4. 発音指導は教育課程において自立活動の領域で行われる。
  5. 補聴器で音の聞き分けが改善しやすいのは感音難聴である。
解答

問88  DSM-5に記載されている知的能力障害について、正しいものを1つ選べ。

  1. 幼少期までの間に発症する。
  2. 有病率は年齢によって変動しない。
  3. IQ が平均値より1標準偏差以上低い。
  4. 知的機能と適応機能に問題がみられる。
  5. 重症度は主に IQ の値によって決められる。
解答

問89  トークンエコノミー法について、正しいものを1つ選べ。

  1. タイムアウトを活用する。
  2. レスポンスコストに基づく。
  3. 賞賛によって行動を強化する。
  4. バックアップ強化子好子を用いる。
  5. 問題行動の減少を主要な目標とする。
解答

問90  次の各種心理検査について、最も適切なものを1つ選べ。

  1. バウムテストは発達レベルの評価を目的として用いられる。
  2. WAISは5歳から15 歳を対象とする個別式知能検査である。
  3. 新版 K 式発達検査は養育者への問診により簡便に実施できる。
  4. ベンダー・ゲシュタルト検査では器質的な脳障害を把握できる。
  5. MMPI はパーソナリティの全体像を把握するために有効である。
解答

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください