Trail making test(TMT)トレイルメイキングテスト

Trail making test(TMT)とは

注意機能や遂行機能を検査するための評価指標。

TMT-A

TMT-A練習用用紙を被験者に見せながら、

「今から、検査のための練習をします。この用紙に書かれている数字の1から2、3というように数字の順番に、できるだけ早く線で結んでください。最後の8まで結ぶのにかかる時間を測定します。途中で結ぶ順番を間違ったときには、『間違っています』といいますのですぐに訂正して次に進んでください。また最後の数字を結ぶまで鉛筆を紙から浮かさないでください。もしも浮いてしまったときには、『鉛筆が浮いています』といいますので、すぐに鉛筆を紙につけてください。それでは始めます。鉛筆を紙から浮かさずに、できるだけ早く、数字の順に線で結んでください。ではどうぞ」

といって、ストップウォッチをスタートし完成までの時間を計測する。

TMT-B

TMT-B練習用用紙を被験者に見せながら、

「今度は少し違うことをしていただきます。最初はまた練習です。今度は『1-あ-2-い-3-う』というように数字と仮名とを交互に、順番に、結んでいっていただきたいのです。もし途中で数字と仮名が交互でなかったり、順番を間違ったりしたときには、『間違っています』といいますので、すぐ訂正して次に進んでください。また、鉛筆が紙から離れたときには、『鉛筆が浮いています』といいますので、すぐに鉛筆を紙につけてください。それでは始めます。鉛筆を紙から浮かさずに、できるだけ早く数字と仮名を交互に、順番に、線で結んでいってください。いいですか、ではどうぞ」

といって、ストップウォッチをスタートし完成までの時間を計測する。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください