今、マスクを外して電車に乗れますか?多様性とは程遠い人間の本質

先に、自分の考えを伝えておくと、マスクは基本していません。

店舗によっては、マスク着用でないと入店や利用を断られるところもあるので、そういうところでいちいち口論する気もないし、その時は着用します。

マスクの有効性については、様々意見あると思いますが、今日はそういうことではなく。

最近こんなことがありました。

電車でもマスクをしていないため、それを不快に思ったのか自分の近くの乗客が、違う車両に移っていかれました。文句とかは言われずに、すーっと。けど、多分それが理由なんだろうと雰囲気的にはわかる感じ。

いつも、マスクをしていないために、視線を感じる。

また別の機会に、知り合いに商業ビルの中で会った時に

「マスクは?しましょうよ!」と言われました。

 

このようなことがね。ほんまに怖いと思います。

マスクしている人に、「外したら?」と言いません。

ちょっと前に、Twitterでマスクに関してアンケートを撮ってみました。

コロナ感染防止と8割の方が回答していることも衝撃ですが

みんながつけてるからという人が15%いたのがポイントだと思います。

同調圧力というか。

メディアの力は衰えていないのですね。

本当に身に染みて最近思います。

皆さんは、今、マスクを外して電車に乗れますか?

感染症と多様性は関係ないでしょ。という方もいるかもしれませんが

感染症に対しての見解や捉え方が違うことも当然ある。

(多くの人が自分と同じ考えであると感じている)自分の前に

そうでない人が目の前に現れた時の拒絶反応という観点では

どのような場面においても多様な価値観を受け入れられないという根本的に歪んだ価値観が

それぞれの中に存在しているのではないか。

「あなたの考え方は、あなたの中にのみ存在している」

このことを肝に命じておきたい。

一度、マスクをせずに、電車に乗ってみてください。

その時に感じる視線を、あなたはどのように感じるのか知りたいです。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください