自律訓練法

自律訓練法

1932年にドイツの神経科医のシュルツによって体系化された。自己暗示の練習によって段階的に全身の緊張を解いていく訓練法。 以下のような効果が期待できる。

  • 緊張・不安の軽減
  • 疲労の回復
  • 集中力の向上
  • 自己統制力の向上
  • 身体的・精神的苦痛の緩和

第5回公認心理師試験に出題

自分自身で一定の手順に従い、段階的に練習を進めることによっ て、心身の機能を調整する方法として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. 森田療法
  2. 自律訓練法
  3. シェイピング
  4. スモールステップ
  5. セルフ・モニタリング
解答

リラクセーションを主な目的とする技法として、適切なものを2つ選べ。

  1. 自律訓練法
  2. 漸進的筋弛緩法
  3. 睡眠スケジュール法
  4. トークン・エコノミー法
  5. アサーション・トレーニング
解答
①、②

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください