初心スクールカウンセラーがやりがちなこと「専門性の押し売り」

スクールカウンセラーとして、初めて勤務する時に

よくありがちなこととして、

「専門性の押し売り」があります。

私(僕)はこんなことできますーーーー!

って、やたら言っちゃうやつ。

若手なら、若手らしく

可愛らしさを押し売ればいいのに

米粒のような専門性を買え買えと押し売っちゃう。

「いらん」笑

 

初任の教員に、誰も専門性など求めてませんよね。

求められているのは、「素直さ」

確かに、教員とSCは違うし

その学校に一人しかいないから、

頑張って使ってもらおうとする気持ちはわかるし

自分も確かにそうやったけど

専門性の押し売りは

やっぱ、お互い苦しいなぁと思います。

ベテランの人ほど、無駄話(笑)多いような気がします。

「無駄の押し売り」

こいつほんま使えるんかと思われるくらいの、余裕。

いやぁ、のんびり可愛らしさの押し売りしましょうよ〜〜

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください