ストループテスト(効果)

ストループ効果とは

色と文字のように、同時に目にするふたつの情報が干渉しあう現象。

1935年に心理学者ジョン・ストループによって報告された。

その効果を利用し、選択的注意を測定するテストとしても使用されている。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください