視床下部

視床下部とは

間脳に位置する、自律神経系機能(交感神経、副交感神経とに分けられ、内臓や血管に分布して呼吸、消化、吸収、循環、分泌などの活動を不随意的に調節する)の総合中枢。

また、視床下部外側野は摂食行動を促進するので摂食中枢、視床下部腹内側野は摂食行動を抑制するので満腹中枢と呼ばれる。

平成30年度公認心理師国家試験に出題

視床下部の機能として、正しいものを1つ選べ。

  1. 運動協調の調節
  2. 摂食行動の調節◯
  3. 対光反射の中枢
  4. 体性感覚の中断
  5. 短期記憶の形成

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

脳や神経に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 小脳には橋と延髄が含まれる。
2 脊髄は末梢神経系に含まれる。
3 視床下部は平衡機能をつかさどる。
4 視床は自律神経系の統合中枢である。
5 末梢神経系には体性神経系と自律神経系がある。◯

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください