「先入観でものを見ると間違う、ってまぁよく言われますが、それはちょっと違っていて・・・・・先入観を磨いていないから間違うんじゃないんですか?」

すごい面白い。

洞察力を磨くにはどうすればいい?

 

自分が大学院生の時には、ケースカンファレンスの時にコメントする教授に向かって

「決めつきすぎじゃないですか?人の心ですよ」

とかなり偉そうなことを言ってましたが、

「先入観でものを見ると間違う、ってまぁよく言われますが、それはちょっと違っていて・・・・・先入観を磨いていないから間違うんじゃないんですか?」

という言葉に、自分も衝撃です。

 

そうやわ。いくらアセスメントのために情報を集めても、十分ということは絶対に起こらないし

その中で、アセスメントしてコンサルテーションしないといけない。

 

経験を積んでいくと、少ない情報量で、アドバイスを求められることって必然的に多くなる。

例えば、学校に少しだけ呼ばれて、授業観察をしてその子どもを見立ててほしいとか

自分は見たことないけど、

初心カウンセラーに呼ばれて、ケースのことを相談され、そのケースについてスーパービジョンをしたりと。

 

初心カウンセラーの時は、情報収集に時間を割いたりすることができたけど

段々とそういうことができなくなってくる。

ベテランの先生と一緒に仕事してたりすると、

一枚の絵を見て、その子がどんな子どもなのかを言い当てたり

それは、経験や鍛錬により、蓄積された賜物で、

先入観を鍛えることにも繋がっていたということか。

 

考えてもみたら当たり前のことかもしれへんけど、改めて

「先入観を磨いていないから間違う」と言われたら

「ホェ〜」ってなりました。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください