スクールカウンセラーは、外部性という専門性に頼りすぎている

SCには、外部性という専門性がある。

学校外から派遣される専門家ということで、学校に溶け込みすぎず、一定の距離があるために、相談がしやくすくなるというもの。

学校組織の一員となると、教職員自身も、職場の人間関係について相談しにくかったり、児童生徒や保護者も、教職員に話したことが筒抜になっているのではないかと思い、相談に抵抗が増す。

そのため、あえて非常勤という形をとり、月に数回、あるいは週に1、2回といった頻度で学校を訪問するという形態をとっていた。

しかし、現在のSCは、常勤化の流れになっており、これまでのSCの勤務形態が見直されつつある。

学校現場に受け入れられはじめたSCは、学校側の期待も大きくなり、今までの勤務回数に不満があがるようになってきた。

また、チーム学校ということを考えたときに、そのような低頻度では、チームの一員とはなりにくい。

 

常勤化の流れはとめようもないが、それは非常勤のSCが即座にいなくなるという話ではない。

予算の関係もあり、非常勤と常勤のSCが共存していくということが、しばらくの間続いていくと思われる。

そんな中、常勤化するSCに突きつけられる問題の一つとして、外部性確保の困難さがある。

常勤化すると、学校職員のひとりとして位置付けされやくすなり、外部から来ている人間であると思われることが少なくなっていく。

当然のように飲み会に誘われ、あるいは、プライベートでの繋がりも求められることもある。

 

しかし、時には教職員自身の悩みを聞くこともあり、それが職員同士の人間関係に起因することも少なくない。

外部性の維持は、こういった理由から、一定維持しなければいけないものであると考える。

個人やあるグループと関係性を深めることは、他の人やグループが相談できにくくなるからである。

 

それでは、常勤SCでは、外部性の確保は難しいのだろうか

そんなことはない。

 

要は、SC自身がどれほどの自覚をもって、枠を守っていくかである

具体的な手段は以下のようなもの

 

  • プライベートの関わりの線引き
  • 勤務時間の枠を守り、過度に残業をしない
  • 配置されている学校にとどまりすぎず、適度に出張をする(家庭訪問や校区内小学校など)
  • SCの専門性を高め続ける
  • 敬語で話す
  • 身だしなみを整え、プライベートと服装を分ける
  • 偏ることなく、様々な教職員と関わる
  • 話の中身に気をつける(恋愛の話をすすぎない)
  • 暇そうにしすぎない
  • いつでも話せる人ではなく、重要な時に話せる人を目指す

などなど

 

非常勤と常勤のSCは、こころがけることも違ってくる

スポンサードリンク[ad#ad-1]

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください