老人福祉法

スポンサードリンク

老人福祉法とは

昭和38年に制定。老人の福祉に関する原理を明らかにするとともに、老人に対し、その心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な措置を講じ、もつて老人の福祉を図ることを目的として制定された法律。

老人福祉施設

  • 特別養護老人ホーム (介護老人福祉施設)
  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム:ケアハウス、A型、B型
  • 老人介護支援センター
  • 老人福祉センター

平成20年度介護福祉士国家試験に出題

高齢者関連の法律に関する次の記述の空欄A, B, C,に該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。

老人福祉法の目的には「老人に対し、その( A )のために必要な措置を講じることが規定されている。また、同法の基本理念の一つには、「老人は、その希望と能力に応じ、適当な仕事に従事する機会その他(  B )に参加する機会を与えられる」こと等が規定されている。介護保険法の目的には、要介護者等が、「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した(  C )を営むことができるよう必要な給付を行うことが規定されている。

1 . A心身の健康の保持及び生活の安定——B社会的活動——C日常生活◯
2 . A心身の健康の保持及び生活の安定——B社会的活動——C社会生活
3 . A心身の健康の保持及び経済的安定——B経済的活動——C日常生活
4 . A医療の確保及び生活の安定————B経済的活動——C社会生活
5 . A医療の確保及び心身の健康————B社会的活動——C日常生活

平成21年度介護福祉士国家試験に出題

老人福祉法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 . 平成2年の改正によって、社会的活動への参加が基本的理念に盛り込まれた。◯
2 . 老人福祉法による福祉の措置は、介護保険制度創設に伴い廃止された。
3 . 養護老人ホームの入所要件は、要介護認定を受けている事である。
4 . 高齢者用賃貸住宅は、老人福祉法に規定されているものである。
5 . 有料老人ホームは、老人福祉施設の一つである。
スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください