子ども幸福度世界一「親と子どものためのマインドフルネス」

 

マインドフルネスの書籍で、CDがついていて

わかりやすく、可愛らしくまとめているものは、他にはないのでは?

 

 

実際に、中学生にマインドフルネスの授業をするときに使っています。

CDは、全部聞いてみましたが、③の呼吸のワークが一番使いやすいかな。

ただ、ナレーションが喋りすぎ。笑

呼吸のワークの説明が終わった後は、

少し間を開けながら、ポイントポイントを説明してくれるだけでいい。
けど、基本ずーっとしゃべっています。

 

それがなければ、もっと評価が高いのに…

説明が多いバージョンと、少ないバーションがあればもっといいかも。

本の内容としては、本当に無駄な部分を省き、
わかりやすくまとまっているので、はじめて勉強する人にもおすすめですよ。

 

目次は、こんな感じ

目次

1  マインドフルネスってなに?
2  ありのままに向き合う
3  まず、呼吸に注意を向けよう
4  注意力の筋トレ
5  「あたま」から「からだ」へ
6  こころの嵐
7  いやな気持ちとのつき合い方
8  悩みのベルトコンベア
9  思いやり
10  信頼して手放す

 

目次をみてわかるように

理論とか説明は、最小限で

体験的に学んでもらおうという内容構成

 

といっても、子どもが見てわかるレベルではないので

お母さんやお父さんが見て

CD聴きながら、一緒にワークをするっていう使い方がいいのかも

 

 

中学生に授業をするときは、この本に使っているCDは

③の呼吸のワークだけで

他のワークでは、使ってないです。

 

中学生よりは、小学生に向いているかもしれません。

マインドフルネスのプロフェッショナルとして

「カエル」をあげていたのは、面白かったです。

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください