発達障がい関連のおすすめ本①

発達障害

 

発達障害がい関連のおすすめ本を紹介したいと思います。

多くの書籍が出ていますので、何を手に取ったらいいかわかりにくいという声が

多いので、この中から選んでもらえればと思います。

専門性と読みやすさの2段階で評価しています。

 

〜〜入門編〜〜

まず、初歩的な知識を得たいというなら、この中から選んでみてください。

絵がついていて、子どもでもわかりやすくなっています。

シリーズものになっているので、

自分が得たいものを手に取ってみてください。

 

①図解よくわかる発達障害の子どもたち

専門性   ★★☆☆☆

読みやすさ ★★★★★

②自閉症のお友達

専門性   ★★☆☆☆

読みやすさ ★★★★★

 

〜〜絵本〜〜

絵本はいいですね。デイビットシリーズ大好きです。

専門性   ★☆☆☆☆

読みやすさ ★★★★★

 

〜〜当事者の本〜〜

それぞれ、当事者が当事者の目線で書いたものです。

当事者がどのような世界で生きてきたのか、まわりや社会にどのようなものを

求めたいかなどを知りたい場合は、当事者の本を読むのが一番だと思います。

 

①発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

芸能人の栗原類さんですね。

 

②自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症の視点で書かれた、有名な本ですね。とってもおすす

 

〜〜具体的な支援〜〜

①読んで学べるADHDのペアレントトレーニング

親が、ADHDの対応を学ぶ際に。

けれども、学校の先生たちにも、とってもおすすめです。

専門性   ★★★☆☆

読みやすさ ★★★☆☆

②学ぶことが大好きになるビジョントレーニング―読み書き・運動が苦手なのには理由があった

視覚的な弱さをもつ子に対して、様々な支援ツールが載っている。

専門性   ★★★★☆

読みやすさ ★★★★☆

あたまと心で考えようSST(ソーシャルスキルトレーニング)ワークシート

ソーシャルスキルを身につけさせたいときに。これも、シリーズになっているのでニーズにあわせて選んでください。

専門性   ★★★★☆

読みやすさ ★★★★☆

 

〜〜専門書〜〜

より詳しい、最新の知見を得たい人のために。様々な立場の意見を知ることが重要です。

①発達障害の謎を解く

2015年に、発売されているので、書籍で最近の研究成果などを知りたい人向けに

専門性   ★★★★☆

読みやすさ ★☆☆☆☆

精神科は今日も、やりたい放題

この本でなくとも、内海聡さんの精神医学本は、ひとつは読むべきです。

常に、アンチテーゼも読むほうが良いと思います。

特に、心理学という分野に関しては。

専門性   ★★★★☆

読みやすさ ★★☆☆☆

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください