NLP

NLP(Neuro-Linguistic Programming)神経言語プログラミング

 

1970年代にカリフォルニア大学に在籍していたリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが研究をスタートさせた心理学。セラピーの分野で非常に有名だった「3人の天才セラピスト」を分析し、誰でも同じような結果が出せるよう共通のパターンを見出しまとめられていった心理学。

その「3人の天才」とは、
●催眠療法家『ミルトン・エリクソン』
●ゲシュタルト・セラピー『フリッツ・パールズ』
●家族療法家『バージニア・サティア』

 

効果

  • トラウマの解除、
  • 恐怖症の克服あがり症の克服
  • 禁煙・ダイエットの達成
  • 夢・目標のサポート
  • ビジネススキルの向上
  • コミュニケーション能力向上
  • ストレス耐性の向上
  • セルフマネージメント能力の向上
  • セラピー・カウンセリング・コーチングスキルの向上

アメリカのオバマ大統領やクリントン元大統領はNLPを学び、自身の演説に活かしていたと言われている。

 

NLPの前提

1.人は自分の地図(マップ)で反応していて、現実そのものに反応しているのではない。
2.相手のフィールドに入る
3.相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である
4.必要な資源(リソース)は全ての人が既に持っている
5.いつでも現在可能な最善を尽くしている
6.全ての行動は肯定的意図によって起こる
7.誰かに出来ることなら、自分にもできる
8.失敗は存在しない、ただフィードバックがあるだけ
9.問題、制限とは、「チャンス」である
10.うまくいかなかったら、別のことを試してみる
11.人はいつでも完全に機能しているもの
12.心と身体は1つの有機システムである
13.何も選択しないよりも何かを選択したほうが良い

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください