人間工学における様々な測定法

スポンサードリンク

膚電気反射(GSR)

手掌や足底などの精神発汗部位に置かれた電極から誘導される電気活動の一つ。

これは,手に汗握るなどの精神発汗に伴う皮膚電気抵抗の変化を測定するものであるため,,厳密には皮膚抵抗反応(SSR skin resistance response)と呼ばれる。

 

心拍数(HR)

心臓の収縮率を反映する指標であり,主に情動やレスポンデント条件付け研究において用いられてきた。測定が容易なため,生理学的心理学での代表的な測定指標の一つとなっている。

 

筋電図(EMG)

筋肉(主に骨格筋)が収縮するときに生じる活動電位を導出,記録したものをいう。

医学では主に運動神経系疾患の診断の有力な道具となるが,心理学では微細な筋活動をとらえる目的で利用されている。

 

脳波(EEG)

脳の電気活動を頭皮上においた電極から導出して,脳波計などで増幅,記録したものをいう。

 

眼球運動(EOG)

動眼筋の働きによって生ずる眼球の回転運動をいう。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください