内観法(内観療法)

森田療法と同じく、日本独自の精神療法。

吉本伊信が、浄土真宗を背景に創始。集中内観日常内観に分けられる。

 

集中内観

外界と隔離された施設で、1週間ほど身近な他者について内観三項目について内観を行う。

1〜2時間おきに、面接者と面接し、その時の思いを報告する。

内観三項目

  1. してもらったこと
  2. して返したこと
  3. 迷惑をかけたこと

日常内観

集中内観で学んだことを生かして、日常生活の中に取り入れ、継続的に内観を行っていく。

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください