ミュンスターベルク

ミュンスターベルク(ミュンスターバーグ)とは

産業心理学の創始者とされている。ライプツィヒ大学のWundt,W.(ヴント)の下で学んだ。アメリカ心理学会会長も務めている。

  1. 最適な人材の選抜(best possible man)
  2. 最良の仕事方法(best possible work)
  3. 最高の効果発揮(best  possible effect)

という3つの基本的な枠組みをもとに、心理学を産業分野に応用することを考えた。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください