面接法

心理学における面接には、調査的面接法と臨床的面接法があるが、調査研究を目的としたものは、

調査的面接法と言われ、いわゆるインタビュー調査のことである。

面接法には、構造化の程度(自由度)に応じて、構造化面接、半構造化面接、非構造化面接がある。

ラポールの形成の必要性と面接者バイアスの問題などがある。

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください