共鳴動作

共鳴動作とは

無意識的に相手の行動を反復すること。生後間もなく見られる。

表情に関する模倣が中心。

 

平成27年度臨床心理士資格試験に出題

正しいものの組み合わせを選ぶ問題。

A.アタッチメントは、母親に限らず乳児の出す発信行動にタイミングよく反応してくれる人に対して成立し、乳児はその対象者に他の人に対するのとは違った反応を示し、対象者を安全基地として探索行動を行ったりする。◯

B.大人が赤ちゃんと対面して舌を突き出していると、しばらくして赤ちゃんも自分の舌を動かして口から出してくると言った共鳴動作は、3ヶ月以降に見られ始める。×

C.子どもの認知発達において、前操作期には、シンボル機能が発達し、言語を用いて考える能力が可能になることによって、保存の概念が成立するようになる。×

D.排泄訓練などにおける早すぎたり厳しすぎるしつけは、この時期の発達課題である自律性を逆に失わせ、恥や疑惑を生じさせるという。◯

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください