公認心理師は「名称独占資格」

スポンサードリンク

国家資格とは

国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格。法律によって一定の社会的地位が保証されるので、社会からの信頼性は高い。

国家資格の分類

業務独占資格 弁護士、公認会計士、司法書士のように、有資格者以外が携わることを禁じられている業務を独占的に行うことができる資格。
名称独占資格 栄養士、保育士など、有資格者以外はその名称を名乗ることを認められていない資格。
設置義務資格 特定の業務を行う際に法律で設置が義務付けられている資格。
技能検定 業務知識や技能などを評価するもの。

文部科学省HPより

公認心理師は「名称独占資格」

公認心理師は、名称独占資格であり、業務独占ではない。そのため、登録なしに「公認心理師」や「心理師」という名称を使うことは許されないが、その業務は無資格者やその他の資格者でも、行うことができる。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください