ジョイニング

スポンサードリンク

ジョイニングとは

家族療法の中核的な概念。カウンセラーとクライエントの1対1のラポール関係に相当する考えで、家族の関係性の中に、仲間入りさせてもらう。家族にカウンセラーという仲間が加わることにより、仲間入りしながらもその固定化された関係性をずらしていく。ジョイニングには、以下の3つの技法がある。

伴走:家族のコミュニケーションにカウンセラーがついていく
調節:家族のコミュニケーションに、カウンセラーの言葉遣いや行動を適応させていく
模倣:家族のコミュニケーションやしぐさ、表情などを観察しそれに合わせる

平成30年度公認心理師国家試験に出題

アウトリーチ(訪問支援)で行う家族へのケアにおいて、特に初期に活用できる概念として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. ジョイニング◯
  2. レジリエンス
  3. リフレーミング
  4. マインドフルネス

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください