児童の定義(制度別)

スポンサードリンク

児童の定義(制度別)

児童の定義は、各法律や制度によって、違っている。頻出問題でもあるため、おさえておく必要がある。

平成26年度社会福祉士国家試験に出題

次の各法令などが対象とする「児童」として、正しいものを1つ選びなさい。

児童扶養手当法では、「児童」を 16 歳未満の者と定めている。
正解は、18歳の年の3月末まで
母子及び寡婦福祉法(現在の母子及び父子並びに寡婦福祉法)では、「児童」を 18歳未満の者と定めている。
正解は、20歳に満たないもの

児童手当法では、「児童」を 16 歳未満の者と定めている。
正解は、18歳の年の3月末まで

児童の権利に関する条約では、「児童」を 16 歳未満の者と定めている。
正解は、18歳未満

児童虐待の防止等に関する法律では、「児童」を 18 歳未満の者と定めている。◯

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください