ひきこもり地域支援センター

ひきこもり地域支援センターとは

ひきこもりの状態にある本人や家族が、地域の中でまずどこに相談したらよいかを明確にすることによって、より適切な支援に結びつきやすくすることを目的としたものであり、本センターに配置される社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士等ひきこもり支援コーディネーターを中心に、地域における関係機関とのネットワークの構築や、ひきこもり対策にとって必要な情報を広く提供するといった地域におけるひきこもり支援の拠点としての役割を担う.

厚生労働省HPより

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

家庭内の問題を相談する機関とその役割に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 .配偶者暴力相談支援センター(被害者の自立促進のための情報提供・助言 )◯

2 .ひきこもり地域支援センター(閉じこもり状態にある高齢者の要介護認定)

3 .地域包括支援センター( 認知症を有する者に対する専門医療の提供)

4 .児童家庭支援センター(障害児の保育所への入所の審査・決定)

5. 発達障害者支援センター(軽度の情緒障害を有する児童に対する入所治療)

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください