ドリフト理論

ドリフト(漂流)理論

マッツァが提唱。

規則などの社会規範に従っている少年などが、社会規範からの一時的逸脱(ドリフト(漂流))をする。

しかし、この事は非行の検挙や処罰への不安から押さえられる事もあるがそれが弱まる事がある。

その弱まる要因として2つ挙げられる。

(非行の準備性)――集団万引きなどでは、比較的簡単に出来、発覚しにくく、しかも思い罪にならないと安心する。

(自棄的感情)――集団万引きなどでは、仲間に無理やりやらされたなど責任のがれする。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください