DPAT

スポンサードリンク

DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team: DPAT)とは

Disaster:災害
Psychiatric:精神医学
Assistance :援助
Team: チーム

DPATとは、日本語では災害派遣精神医療チームのこと。

・DPAT は、被災都道府県等からの派遣要請に基づき活動すること。被災地での活動に当たっては、被災都道府県等の災害対策本部の指示に従うこと。

・都道府県等DPATを構成する班のうち、発災から概ね48 時間以内に、被災した都道府県等において活動できる班を先遣隊と定義する。

・DPATは以下の職種を含めた数名で構成すること。

精神科医師※

看護師

業務調整員

    ※先遣隊を構成する医師は精神保健指定医でなければならない。先遣隊以外の班を構成する医師は精神保健指定医であることが望ましい。

被災地のニーズに合わせて、児童精神科医、薬剤師、保健師、精神保健福祉士や臨床心理技術者等を含めて適宜構成すること。

DPAT事務局HPより引用

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

災害時の精神保健活動に関する用語とその説明に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.災害派遣精神医療チーム(D P A T )
都道府県や政令指定都市によって組織される専門的な研修・訓練を受けたチーム ◯

2.サイコロジカル・ファーストエ イ ド (P F A )
精神科医による専門的精神療法

3.災害医療におけるトリアージ
緊急事態ストレスを経験した人への心理的介入法

4.災害時こころの情報支援センター
都道府県が設置する情報センター

5.デブリーフィング(debriefing)
不安や恐怖に対する薬物療法

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください