アルマ・アタ宣言

スポンサードリンク

アルマ・アタ宣言とは

1978年、当時のソビエト連邦アルマ・アタで開催された第一回プライマリ・ヘルス・ケアに関する国際会議(WHO、UNICEF主催)で採択された宣言文。

プライマリ・ヘルス・ケア(PHC)とは

現実的で科学的妥当性があり社会的に許容可能な方法論と技術の基づいており、コミュニティにおける個人と家族が彼らの完全な参加を通して普遍的にアクセス可能で、自己決定の精神に基づいて発展のすべてのステージにおいてコミュニティと国が維持することが可能なコストで提供可能な、必要不可欠なヘルスケア。

平成29年度精神保健福祉士国家試験に出題

世界保健機関(WHO)の活動に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1. アルマ・アタ宣言では,プライマリヘルスケアの重要性が示された。◯

2 .リハビリテーションという言葉を初めて用いた。

3 .憲章前文の中で、健康とは、身体的、精神的、社会的、政治的に良好な状態であると定義した。

4 .国際疾病分類であるICIDHを策定した。

5 .健康寿命とは、健康上の問題で制限されることなく仕事ができる期間と定義した。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください