代表値(平均値・中央値・最頻値)

スポンサードリンク

代表値とは

データ群の特徴を一つの数値で表したもの。平均値、中央値、最頻値が代表値の代表格。

平均値

全てのデータを足して、そのデータの個数で割った値。

(例)10、20、30、40、50の平均は、(10➕20➕30➕40➕50)➗5=30

中央値

全てのデータを大きさ順に並べたときに、中央にくる値。

(例)10、20、30、40、50の中央値は、30

最頻値

全てのデータで最も多く出現する値

(例)1、3、4、5、7、3、4、3の最頻値は、3

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください