コミュニティ心理学

コミュニティ心理学

地域精神保健、公衆衛生的発想から発展した、従来の密室での相談での1対1の援助(ミクロ)を超えて地域社会に対して臨床心理学援助を行う心理学(マクロ)

コミュニティー心理学の理念

①コミュニティー感覚を持つこと
②社会的文脈で対象者をとらえること
③治療より予防を優先させること
④病理性より健康性に焦点を当てること
⑤専門家と非専門家が協働すること

 

第一次予防

精神的不健康を引き起こす原因となるものをできるだけ少なくすることを目的とする

第二次予防

精神的障害の早期発見・早期対処にかかわる。

第三次予防

再発予防。精神障害者に対するデイケア。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください